前へ
次へ

物品賃貸業のリース契約について

物品賃貸業を営んでいる業者は、借主との間でリース契約を締結して、物品を貸与する場合があります。物品賃貸業者の中にはリースだけに特化しているリース会社も存在します。大手の会社では、自動車や生産設備など、さまざまな物品をリース契約によって、借主に賃貸しています。借主はまとまったお金がなくても生産設備を導入することができ、最新の生産設備で生産活動を行うことが可能になります。最近は技術進歩が激しいため、最新の物を購入してもすぐに陳腐化しますので、生産設備をお金を出して購入するよりも、貸与を受けるケースが増えています。毎月の賃借料は経費の扱いを受けるため、税金の面でも有利になり、節税の手段にもなります。

Page Top