前へ
次へ

物品賃貸業はリース事業のことです

物品賃貸業とは、リース事業のことです。商品の購入代金を分割払いで支払うことです。分割払いをしているうちは、所有者は物品賃貸業にあります。なので、あくまで「借りる」スタイルです。物品賃貸業は、企業向けと個人向けの2種類があります。企業向けは、産業機器、事務機器、自動車などです。比較的コストがかかる設備投資を、リース契約によって購入するシステムです。そうすると、一度に多くの経費の支出をしなくて済みます。よって、コストが抑えられます。最近では、個人向けのリースが注目されています。代表的なものは自家用車です。高額な買い物である自家用車をリース契約することで、月々の支払いを抑えることができます。それゆえ、商品を買い求めやすくなります。

Page Top