前へ
次へ

物品賃貸業とはどのようなものか

物品賃貸業とは、簡単にいえば賃貸してくれる企業を通して企業から物をリースすることです。例えば、とある企業がコピー機の購入を検討していたとします。結果的に購入せずにリースを選択しました。コピー機は、リース会社が企業の代わりに購入をして企業に貸し出します。コピー機の所有権はリース会社に有りますが、企業は自ら購入した場合と同じようにしようすることができます。このようなことを物品賃貸業といいます。他にも、工場などで機械の購入を物品賃貸したりします。主に賃貸できるもののきまりはありませんが、不動産などの貸借は難しいためあまり行われません。また、消耗品なども賃貸は行われません。そして、所有権を移転するものもあります。

Page Top