前へ
次へ

物品賃貸業から必要な物品をリースする

物品賃貸業とは、あまり耳にしない言葉ですが、事業者が事業を展開するに当たり必要な物品をそれらの賃貸業者からリースすることです。また、最近では、事業者でなくても、1個人が必要な際に物品をリースするということも多いです。物品賃貸業がリースしているものとしては、大変幅広く、産業用機械類、事務用機械類、自動車、スポーツ用品、娯楽用品、映画・演劇用品などを扱っていることがあります。物品の貸出料金としては、さまざまですが、貸し出しする期間によって金額も様々です。基本的な物品の貸出料金には、物品の破損や故障をした際に必要となる保険代金や手数料なども含まれます。しかし、貸りているということを考えると、破損や故障をしないように気をつけて使うということが多いです。

Page Top