前へ
次へ

物品賃貸業はリース業者であると言えます。

物品賃貸業とは動産を賃貸するにも関わらず不動産業種の扱いを受けています。それは一体なぜでしょうか。答えはリース業にあるようです。リース業は物品賃貸業の中で多い業種で単純に物を貸すわけではなく、業者が顧客のために機械を購入してそれを貸すというシステムになっているようです。そのため単に在庫を貸すレンタル業とはちがい物品の価値が大変高価なものばかりです。例えるなら賃貸物件のオーナーで部屋を貸す代わりに利益を得るのに似ています。ただし、顧客にしても利益を上げることを目標にリースしてもらうわけですから借りる物件が利益を生み出さないと困ります。結論から言うと、リース物件はすべからく利益を生む物件であると言えるでしょう。

Page Top