前へ
次へ

物品賃貸などリース会社について

物品賃貸業などをおこなっているリース会社を利用されたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、どのような会社なのかご紹介していきたいと思います。リース会社が企業などが選択した機械設備など物品を購入し、その企業に対して長期にわたって賃貸するというものです。物品を実際に購入するのは企業ではなくリース会社となりますが、企業側は賃貸することで自社で購入した場合同様にしようすることができると言われています。またリース対象物件は、中古か新品かは問わないようです。ファイナンスとオペレーティングと呼ばれているものに大別されていますが、ファイナンスは設備機器導入を目的とした資金調達手段の一つとしての契約で、オペレーティングは、期間終了後の残存価格を設定したり、中途解約が可能で賃貸借色が強い契約だとされています。

Page Top